結婚式場で変わるハネムーン|感動を呼ぶ式の作り方

結婚式

自己紹介に使う映像

花嫁

結婚式は、人生の中で一大イベントです。そのため、忘れられない素敵な式にしたいのは誰もが思うことでしょう。特に新郎新婦を写しだした映像は、ゲストや両親を感動させる演出で、近年は生い立ちムービーを式に取り入れるカップルが多くなりました。生い立ちムービーは、結婚式に華やかさをチョイスするスパイスみたいなものなので、演出が少々さみしい、あるいはもっと賑やかにしたい場合に使われる方法です。近年は、式で使われる生い立ちムービーも、個性豊かな自作で勝負に出るカップルが急上昇中です。メリットは、ユニークな映像が作れることと、コスト削減ができることです。自分たちで調整し、生い立ちムービーを完成させられるため、知識がある方はこちらの方法を使った方が楽しめるかもしれません。

そもそも生い立ちムービーとは何なのか、疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。生い立ちムービーとは、新郎新婦側の自己紹介みたいなもので、この世に産声をあげてから現在までを映像に納めたものを言います。ストーリー形式にするとゲストに伝わりやすくなり、より自分たちを知ってもらうきっかけ作りになります。また、二人がどのように知り合ったのかが生い立ちムービーで流れるため、ゲストの興味をより引き寄せることができるでしょう。生い立ちムービーを制作している間は、二人で改めて見返すことができるため、より懐かしい気分にさせてくれます。專門業者でも映像制作の依頼はできますから、要望を細かく伝えていき、素敵な生い立ちムービーを作っていきましょう。